ローンの返済を決められた日に払わず期日が過ぎてしまうことを返済遅延といいます。
返済遅延を一度でもしてしまうと事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。
いわゆるブラックリスト入と言う事になります。
概ね3回までであれば金融機関も配慮してくれるケースが多く、何かしらの事情があって引き落としできなかったと言うことで対応してくれます。
この場合は信用情報に傷が付くこともないので審査に通らなくなるということも殆どありません。
しかし3回を超えてくると流石に金融機関も配慮はしてくれず、何ヶ月も続くようであれば金融事故として処理されてしまいます。
基本的には返済日から2ヶ月以上経過しても支払いをしないでいると間違いなく信用情報に傷がつきます。
そうなると当然新たに借り入れをしたりクレジットカードを作るといったことはできなくなります。
今現在利用しているローンも利用可能枠が縮小され、ヘタすれば利用停止になることもあります。
ただ借金がチャラになるわけではないので返済だけはしなければいけません。
業者によっては相談次第で返済日を変更したり、とりあえず利息だけ払ってくれればいいといったように柔軟に対応してくれることもあります。
返済できないことを黙っているのだけは止めましょう。お金借りるところはココ